青春 Karate History ⑯ サボり癖から道場離脱…そして復帰! 

初入賞を果たし更にやる気も出て気持ちは燃えていた私でしたが、松本君のローキックによるダメージが大きく暫くは稽古にも行けない状態が続いておりました。それでも1ヶ月もすると休養の効果もありかなり回復してきました。なのに暫く休んだ事により何とサボり癖が付いてしまいました…。学校から帰宅するとどこかに遊びに行くわけではないのですが、夕方から始まるテレビ番組(当時流行っていたアレです)を観てまったり過ごす事が心地よくなっておりました。稽古の時間になると道場の事が気になりサボっている事に対して罪悪感もあるのですが、その時には次の稽古には行こう!が来週からは絶対…が来月から(^_^;)となり、あっという間に数ヶ月が経過していました。さすがにそうなると更に強くなる為に稽古に励んでいるであろう松本君の事が頭にチラつき又空手を頑張る為にJAC養成所を退所したはずやのに一体俺は何をやっているんだろう?とそんな自分がとても情けく嫌になってきてようやく復帰する事を決断しました。まさに今現在この時の私と同じ様な状況の人もいるのではないでしょうか?ブログを読んで頑張る気持ちになって貰えたら嬉しいです(^_^)。約4ヶ月振りにバツが悪そうに稽古場に現れた私を当時総本部から指導に来ていた川津さんや道場の皆は休んでいた事を責めるどころか初入賞した事を祝福しダメージを心配してくれ復帰をとても喜んでくれました。それがとても嬉しくもう絶対に皆を裏切るような事はしないと心に誓いました。指導に来られていた川津さんは背が高く細身でしたが突き蹴り共にシャープなのにとても重く強かったです。私より8歳程年上だったと思いますが偉そうにする事もなく友達のような感じで接してくれとても良くしてくれました。私はどちらかというとガッチリしたタイプよりもヒョロッと背が高く手足の長い選手の方が苦手でしたので川津さんとの組手はやりにくく苦手にしていましたがとてもよい稽古になっていました。川津さんは間違いなく空手も強かったのですが暫くしてテコンドーに転向されました。今思えば手足が長く回転技や飛び技も得意で当時の稽古にも取り入れていましたのでテコンドーは向いていたと思います。テコンドーの世界では選手として活躍し引退後はコーチとしてもオリンピックに出場するような選手を多数育成されたと聞きさすが川津さんやと嬉しく思いました。復帰後の私は順調に稽古を重ね川津さんとの稽古の成果もあり復帰から約3ヶ月後の9月15日に審査を受験し無事2級合格する事が出来ました。

正道会館ピープル新金岡時代の稽古風景(1985年頃)

当時はまだまだ少人数で
エグザスのエアロスタジオの横でひっそりと稽古していました
川津さんは自分のビデオで撮影し
よくダビングしてくれました
川津さんのシャープで
力強い蹴り
私はまだまだ力みがちで
威力の無い蹴りです

川津さんはこの頃から
稽古で飛び技や回転技を
取り入れていました
後にテコンドーで活躍も納得!
シャープな川津さんに比べ動き
が硬い私の飛び後ろ廻し蹴り
組手も強くいつも稽古では
押されていたように思います
やりにくく苦手なタイプで毎回
川津さんとの組手は嫌でしたが
私にとっては苦手を克服する上で
とても良い稽古になっていました
道場復帰から約3ヶ月後
高校2年の9月に2級合格
3級合格時から既に2年が経過
していました

過去の記事

青春 Karate History ⑰ 高校2年生で指導員へ! 

私がサボっている間に松本君はどんどん力を付け、5月の拳武道会館全日本大会では5位入賞、6月の誠心会館全日本では川地先輩と決勝を争い準優勝、そして9月の正道会館北海道選手権では優勝と大活躍していました。全て体重無差別の大会

青春 Karate History ⑯ サボり癖から道場離脱…そして復帰! 

初入賞を果たし更にやる気も出て気持ちは燃えていた私でしたが、松本君のローキックによるダメージが大きく暫くは稽古にも行けない状態が続いておりました。それでも1ヶ月もすると休養の効果もありかなり回復してきました。なのに暫く休

青春 Karate History ⑮ 初入賞&一本勝ち! 

第4回全日本新人戦(開催日:1985年3月17日/会場:大阪市立修道館)が開催され軽中量級に出場。3回目のチャレンジでもう後がありません。少々弱気になっていた私ですが御座岡先生との特訓で自信が付き元来の負けん気の強さも復