中川敬介 Karate History ⑥ 組手稽古

黄帯になってからは中上級クラスでの稽古が始まりました。やはり初級時とは雰囲気や緊張感も違い、いよいよ本格的に空手の修行が始まるのだとワクワクしました。初級クラスとは比べものにならない程激しく厳しい稽古内容になっていきましたが私は組手が出来る事がとても嬉しく毎回楽しかったです。
しかし当時はフルコンタクト空手用のサポーターの販売は無く、手とスネは何も付けずヒザだけバレーボール用のサポーターをスポーツ用品店で買ってきて使用していました。なので最初はよくスネを痛めました。特にスネの骨の横を痛めた時は中々治らず苦労しました。私が中学3年で青帯になった頃石井館長が開発したスーパープロテクターが完成しそれを着用し組手をするようになってからは怪我を気にせずに長時間組手稽古ができるようになり格段に組手レベルも上がったように思います。
その後、新人戦や学生大会ではプロテクターを着用して試合をするようになりました。
この頃は演武会も頻繁に行なわれていて私も瓦や氷を運んだりのお手伝いで積極的に参加していました。初めて瓦割やバット折り氷柱割りを間近で観た時は大興奮で、いつかは自分もやってみたいなと思っていました。

スーパープロテクター
グローブ
スーパープロテクター
レッグパッド
Karate History④で紹介した学生大会でもプロテクターを着用
写真は佐竹先輩の強烈な膝蹴りこの頃の学生大会は入場が有料でしたが観客は満員で立ち見の人もいました
その学生大会に我らが御座岡先生が出場されていました!
1回戦は上段廻し蹴りで失神KOを決め快進撃を続けるも
準決勝戦左ミドルで攻めるが
惜しくも敗退
3位決定戦は強烈な左下段
廻し蹴りで一本勝ち!
第3位入賞を果たされました
重量級:優勝川地雅樹先輩、準優勝坂本健治先輩、第3位佐竹雅昭先輩という錚々たるメンバーが出ていた大会で軽中量級第3位(左から3人目)は凄い!因みに優勝は角田仁朗先輩、準優勝は井上真路先輩でした。この時代の大学生は皆本当に強くレベルが高かった!
新金岡エブリー(当時)での演武会
この数年後に館内にあったスポーツクラブピープル新金岡で指導
する事になります
黄帯時代は演武会の手伝いにも
積極的に参加していました
(○印私、後姿中山師範)
金田師範のバット折り
観客が一杯で大盛況でした
生で観る演武に大興奮!

過去の記事

中川敬介 Karate History ⑪ 憧れ!真田広之(JAC)編partⅢ 

入所から1年が経過し卒業オーディション的なものがありました。本来はここで合格したらJACの本メンバーになれる予定でしたが、何と合否判定は無く急に1期生全員養成期間を1年間延長するという発表がありました。正直後1年同じモチ

中川敬介 Karate History ⑩ 憧れ!真田広之(JAC)編partⅡ 

何とか無事オーディション会場に辿り着きましたが、当時のJAC人気は凄く会場にはかなりの数の受験者がおり、又当日は千葉さん始めJACの錚々たるメンバーの方達もおりましたのでかなり緊張しました。試験内容自体は簡単なマット運動

中川敬介 Karate History ⑨ 憧れ!真田広之(JAC)編partⅠ 

中学時代に憧れ影響を受けた人物の三人目は俳優の真田広之さんです。現在はハリウッドスターとして世界的に活躍されている俳優さんですが、僕が憧れていた時代の真田さんは若手アクション俳優として売り出し中でとても人気がありました。